これが、私の日常…


82D0716A-51EE-4F5E-9C4F-FDF0F28F0FFA
BE20BD88-2156-4B37-AA20-A86D7B985CC2


ようこそ!ヘーデル(屁出る)ハウスへ!!!!!!

ちなみに、私も寝る前に屁しました。


ごめんなさいね、朝からこんな話で…
まぁ、朝から読んでくれている人はごく僅かだと思うんでね…

昼か夜ならいいって訳でもないんだけどね…
ごめんなさいね…定期的にこんな話ぶっこむんで…

読者登録してくれた人は、こんな話も好きだと信じて描き続けるね。



私のお母さん、屁まじでうっさいんだけど、どれくらいうっさいかと言うと
お母さんが下の階にいるのに2階にいる私の部屋まで聞こえるの。

ぷーちゃん(猫)が出入りできるように入り口開けてあるから余計だと思うけど、それにしてもうっさいのよ。
うつらうつら、あ、これ寝るわ…と思った矢先に
ブッップュブゥーー〜〜ーーーー!!!!とくる訳ですから。
寝入り最悪ですよ。

一緒の階にいたらもれなくうっさいし、くっっさいです。
そう言う時にかぎって、何で空気清浄機さんは仕事しないんですかね。

黙っていられる、音量と悪臭じゃないんで、文句言うんですけど
へへっ、だってしょうがないじゃん。
と、返されて、全然可愛くねぇし、まじ臭いわ。

最終的に笑うしかないんですけど、ムカつくんでお母さんのオナラモノマネ選手権が突如開催されます。



参加者は私、審査員は姉、観客母。



そうです、私がただただ母のオナラの音を真似しているだけです。口で。
 書いていて思いましたよ、私性格悪いなって、途中…むしろ最初からただの悪口やんって。

 仕方ないんです、うっさくてくっさいから…



 
人気ブログランキング